高いクオリティ

Printer

印刷における取り組みとトレンドについて

印刷において現在取り組まれているのは、デジタル印刷機となるオンデマンド機の普及です。輪転機とは根本的に異なり、プリンターに近い構造のものとなります。その品質においては輪転機のキメの細かさに肉薄するものとなり、また品質の安定性においては輪転機を上回るものとなります。インキを使用する輪転機は、室内の空調の影響を受けて品質にバラつきが出るのが課題でしたが、オンデマンド機ではそのような心配は不要となります。 さらに製版作業を不要とすることによって、大幅な業務効率化につながるものとなります。欧米では早くから印刷機の主力として導入されていたものですが、日本でもこれからの更なる普及に期待されるものとなります。

そのサービスを利用するために

オンデマンド機を利用するためには、印刷の目的をそれなりに定めておくことが必要となります。輪転機と比べるとまだスピードの面ではかなわないために、あまりに多い部数のものは不向きと言えます。また、美術印刷のような色調にとりわけ厳しいものであれば、まだ輪転機のキメの細かさには及ばない点も挙げられます。 ただし、用途によっては大きな利点を生むことになります。例えばデータ処理を終えてこれから印刷という段階になって、急に内容に変更が生じたとしても対応できるものです。これまでの印刷であれば、刷版まで済ませてしまっていたらかなり時間のロスとなるわけです。このように、その利点を上手く活用することによって、大きな可能性を持つものとなるわけです。